新型出生前診断を受ける

新型出生前診断を受けることについてご紹介します

このサイトでは、新型出生前診断についての情報をご紹介しています。
検査を受ける際にはどのような流れになるのか、診断のタイミングはいつが適切かなどをご説明しているサイトです。
さらに診断により障害が見つかる確率はどの程度かといったことや、検査の予約は一体いつまでにするべきなのかということにも触れています。
そのうえ、診断をしている病院の探し方の情報も掲載しているサイトです。
検査について疑問点がある人におすすめです。

新型出生前診断を受ける際の流れは?

新型出生前診断を受ける際の流れは? 新型出生前診断の際には、まずカウンセリングを受ける必要があります。
また診断を受けるには10週以降に達している必要もあります。
妊婦検診で通っている病院が新型出生前診断に対応している場合には、担当の医師に相談をしてみるとよいでしょう。
しかしそうでない場合には、担当の医師に相談をしたうえで希望の医療機関に受診をすることをおすすめします。
検査前の遺伝カウンセリングは、カップルでカウンセラーから説明を受けることになります。
問診のほか検査の種類や方法、検査によって分かることや検査結果を受けてどうしたらよいかなどが含まれるカウンセリングです。
そして納得の上で、妊娠10週以降に採血をして検査をすることになります。

出産する前の準備に新型出生前診断を受ける人が増加しています

出産する前の準備に新型出生前診断を受ける人が増加しています 出産前の準備として新型出生前診断を受ける人が増えています。
NIPTとも呼ばれていて、正式名称は無侵襲的出生前遺伝学的検査です。
母体から採血を行い出産する前の胎児の染色体に何かしら異常があるか調べることができます。
この新型出生前診断は採血した血に含まれるDNAの欠片を分析することによって、ダウン症の21トリソミーやエドワーズ症候群の18トリソミー、パトー症候群の13トリソミーなど、先天性染色体異常を見つけることが可能です。
結果は陽性か陰性で分かるようになっていて、高い精度で検査することができます。
従来羊水検査や母体血清マーカーテストなどが主流でしたが、例えば母体血清マーカーテストの場合は精度が低かったり、羊水検査の場合は腹部に針をさしカテーテルを子宮頸部などに入れるので、胎児にも負担をかけることがありました。
この検査方法では流産やウイルス感染などの原因にもなるのでリスクが伴っていました。
新型出生前診断を利用すると、10ccの採血で把握することができ、母体や胎児にも負担をかけず検査することが可能です。
以前の検査と比較すると高精度になっていて、陰性結果の的中率として99.99%になります。
これは確定診断ではないですが、従来の方法より精度が高いので出産前検査として最良の選択です。

NIPTに関する情報サイト

東京の新型出生前診断

Copyright © 2020 新型出生前診断を受ける all rights reserved.